スタディサプリEnglishを始めるために

スタディサプリEnglishのe会員コードの使い方とは?

スタディサプリEnglishのe会員コードの使い方とは?

スタディサプリEnglishに「e会員コード」と呼ばれる特定の会員に向けた仕組みがあるのをご存知でしょうか?

会社やグループでスタディサプリEnglishを始める場合に必要な内容ですが、検索すると分かりやすい説明がありませんでしたので、僕なりにまとめてみました。

そもそもスタディサプリEnglishのe会員コードとは何か?、どうすれば手続きをすることが出来るのかをまとめましたのでご覧ください。

スタディサプリEnglishのe会員コードってなに?

e会員コードとは団体でスタディサプリEnglishを利用するためのコードです。

学校や企業、塾などの団体で学習をするために使用します。

日常英会話コース、TOEICコース、パーソナルコーチプランすべて団体利用に対応しており、基本的に個人利用と団体利用ではコースの内容は変わりません。

また、e会員コードを利用した団体登録の際、個人の学習記録を引き継ぐことが可能です。

その際は個人利用時のメールアドレスを団体利用の登録時に入力するのを忘れずに対応してください。

団体利用と個人利用との違い5点

①利用人数などによって利用金額が変わります。人数にもよるので登録時に確認が必要です。

そのため、企業のご担当の方は事前に確認をしないと社内稟議等で揉めますので気を付けてください。

②管理者が学習記録を管理することができます。

つまり、スタディサプリEnglishの工数管理のようなことが出来ます。

だれがどれくらい学習しているのかが分かるので、社内でスタディサプリEnglishを導入する場合に正確な情報が手に入るので便利です。

③管理者は学習者をレベル別などのグループ分けをすることができます。

もし社内やグループで分析をするなら必要です。

④団体利用は問い合わせフォームからの登録が必要です。

つまり団体用の申し込みがありません。

そのためお問い合わせページから直接スタディサプリEnglishへ連絡をし、団体専用の申し込みた手続きの方法を教えてもらいましょう。

⑤学習者管理システムで学習者にパスワードを送ることができます。

会社で管理する場合は特に必要ですね。セキュリティーの観点からパスワード設定の必要性は高いので、この機能があるのはとても便利です。

また未登録の学習者にメールを送ることもできます。

団体利用の登録方法

スタディサプリEnglishくぉ団体で利用するための登録方法は、調べるといたって簡単でした。

①スタディサプリの公式ホームページから問い合わせフォームから問い合わせ

②デモIDが配布されるのを確認

③利用者の人数、利用の期間を決定し、見積もりへ

④申込書の送付される

⑤アカウントが発行される

以上の5点です。

非常に簡単に出来るので、見積もりを貰って稟議が通ればすぐにアカウントが発行されるので楽ですね。

なおTOEIC対策コースの最低利用人数は10人からと決まってます。

日常英会話コースとパーソナルコーチプランは決まりがないため、ぜひ問い合わせをしましょう。

まとめ

スタディサプリEnglishのe会員コードは、団体で入会・利用する際に使用することが分かりましたね。

また、担当者の方に必要な工数管理の機能も含まれているので安心できます。

登録方法については、稟議が完了次第の対応、個人で既に使用している方の情報移行もサクッとできるのでさすがリクルートが本気で攻めている事業だと言えます。

ただし、基本的にはお問い合わせから連絡する必要があるため、入会をする際はこれを忘れずにお手続きを進めてください。

100人統計!1回5分でTOEIC900点のスタディサプリEnglish評判と口コミとは?
100人統計!1回5分でTOEIC900点のスタディサプリEnglish評判と口コミとは?現代は、海外進出する企業が年々増加傾向にあるため、TOIEC800点以上など高い英語力を条件にする求人が増えていると感じます。 従来であれば、英会話学校や参考書を購入して独学することが一般的でしたが、インターネットの普及によりスマホアプリを活用して勉強する人も少なくありません。 この記事では、今注目を集める英語学習アプリのスタディサプリEnglishの特徴、メリットやデメリットについて紹介します。...